ロゴ
>オススメ情報>専門業者に依頼して不要な車を売却【売却前にしりたい基礎知識】

専門業者に依頼して不要な車を売却【売却前にしりたい基礎知識】

婦人

自動車も長く乗っていると性能が落ちたり故障しやすくなったりするので買い替えまたは処分が必要となります。買い替えの時には販売業者で下取りしてくれることが多いですが、処分のみを行う際には自分で処分手続きをする必要があります。処分には、自動車そのものの処分と、登録の処分が必要になります。どちらも費用自体はそれほど高額ではありませんが、処分場に自動車を運んだり、役所に行って登録抹消手続きをしたりするのは手間のかかることです。そこで利用したいのが買取処分専門業者です。専門業者に依頼する場合、もちろん手数料が発生しますが、中古車としての買取、あるいは部品の買取として引き取ってもらうことで、手数料を相殺した上で、ある程度の売却収入も期待できます。

専門業者に引き取ってもらう際には、売却契約という形をとるので、そのための手続きが必要になります。車の売却では登録名義を専門業者に変更することになりますが、登録証や車検証を預け、委託証明書に記入押印することで手続き自体については業者に代行してもらうことができます。また、売却に関する契約を締結することになりますが、契約書は業者で用意してくれるので、それに記入押印して渡すことになります。売却自体はこれで終了ですが、名義の変更を確認することが必要です。自動車の所有者には安全を確認する責任などが生じるからです。これについては、後日、名義変更証などを業者が送ってくれるはずなので、よく確認することが重要です。

車